MacでDVI接続でデュアルディスプレイするならこれでつなぐのがオススメ USB-C to DVI変換ケーブル1m Ugreen製

MacでDVI接続でデュアルディスプレイするならこれでつなぐのがオススメ USB-C to DVI変換ケーブル1m Ugreen製

今回は所有のMacBook Pro 2016でUSB-CをDVIに変換するUGREEN製のUSB-C to DVI変換ケーブルを使ってちょい古の液晶に繋いでデュアルディスプレイをしようというレビュー記事になります。

UGREEN USB C to DVI 変換アダプタ USB Type C to DVI 24+1 変換 オス-メス Apple 12 inch New MacBook、Asus T303UA、Macbook Pro 2016等対応 1m

Amazonで ¥2,598

サムスン製の液晶ディスプレイを知人が要らないというのでタダで頂戴しました。大きさは23インチ位?ちょい古いモデルで液晶のバックライトはLEDではなく冷陰極管のタイプになります。

貰ったもののインタフェースはDVIとD-Subで今主流なのはHDMIでどうやって所有のMBPと繋ごうか悩みました。USB-CからDVIに変換するアダプタを買って間にかましてDVIケーブルでディスプレイとつなごうか、それかお手軽にUSB-CからD-Subアダプタ変換アダプタかましてD-Subケーブルでつなぐか、いやせっかくなのでデジタルを活かしてやはりDVIで繋ぎたい。

悩んで色々と調べてUGREENというメーカーのUSB-C to DVI変換ケーブルなるものを人柱覚悟で買ってみました。

USB-C側は金メッキの上に継ぎ目もない高品質な作りです。

USB-Cのコネクターにもプラスチックのキャップがありホコリなどにも安心です。

DVIオス側も金メッキで高品質で精度も高い仕上がりです。

固定するネジ部もチープさがなく良いデザインだと思います。

DVIケーブルと大体同程度の太さのD-Subケーブルと並べたところケーブルの太さも細く長さも分かりやすく言うとiPhone用の充電用ケーブルと同じ長さの1mでMacBook Proでデュアルディスプレイする際も取り回しが良さげでデスク上でも邪魔にならなさそうで良さげです。

取り付けてみましたがコンパクトでなかなか良い感じでしっかりしています。

ケーブルの長さはこの位で、ちょっと短いのでは?と思われる方もいらっしゃるでしょうが。

MacBook ProのThunderbolt3ポートにつないでみても余裕があり邪魔にもならない丁度いいベストな絶妙な長さの1mだと思いました。

電源を入れて見ると問題なくデュアルディスプレイできました。かなりの安定性の高さでコネクタが熱くなることもなくケーブルの細さに対してノイズなどが入ることもなくとても安心して使う事ができるMacBook Pro、MacでThunderbolt3、USB-CからDVI接続でデュアルディスプレイしたい人にオススメの周辺機器でした。

ちょっと嬉しい誤算はディスプレイ解像度がFull HD1080pが上限ではなく2048px × 1152pxと思った以上の広さがあった事でした。これで色々な作業が今後捗って行くと思います。良い買い物ができました。

UGREEN USB C to DVI 変換アダプタ USB Type C to DVI 24+1 変換 オス-メス Apple 12 inch New MacBook、Asus T303UA、Macbook Pro 2016等対応 1m

Amazonで ¥2,598